一般社団法人 日本自動車運行管理協会

お問い合わせ 03-6420-3865

HOME 協会について:ご挨拶

協会について

ご挨拶

 私どもが行う自家用自動車管理業は、官公庁をはじめ一般企業や各種団体における業務の効率化や合理化に一役を担う時代の要請により生まれた車両の運行管理を請け負う事業であります。 私たちの絶対的使命は「安全・安心」であり、会員企業におきましては「安全・安心」を実現するための人材育成、業務管理体制の確立、請負車両のメンテナンス、運転サービス士の労務管理等に 加え、交通社会の秩序維持においても積極的に取組んでおります。

 今年は今上陛下のご退位により皇太子徳仁親王のご即位を奉祝するとともに、その典拠を国書に求めた新たな年号を「令和」と定めたことが政府から発表されました。この度の生前退位については様々な物議を醸しましたが、100年に一度といわれる大革命期を迎える令和時代を考えますと、過去を踏襲することなく世代交代に踏み切られたことは大英断だったと思います。今後はIT関連における技術革新により社会構造や生活スタイルも変わっていくと思いますが、人間と科学がバランスよく調和していけば令和時代は希望に満ちた明るい未来になるものと思います。
 さて、当協会は毎年活動スローガンを掲げており、今年度は「時代を超えて」果たす責任・広がる未来!としましたが、令和元年を新たなスタートと捉え、顧客満足を追求するビジネスの原点に立ち返り、新時代のニーズにも対応できるようシステムの再構築にも取り組む所存です。当協会の活動は多岐にわたっておりますが、これまで人財こそが事業の要としてその育成に最も力を入れてまいりました。今年度も運行管理力のレベルアップを目指し、引き続き不変的使命である「安全・安心」を更に深掘りし、心のこもったサービスを行うべく「礼節」を規範とした道徳教育を充実させ、品位の高みを修得したプロフェッショナルを輩出してまいります。

 また、我が国の将来的な懸念とされている少子高齢化対策の一環として、この数年多くの労働関係の法律改正が実施されてきましたが、中でも本年4月より順次施行される「働き方改革関連法」は過去に例のない大改革であり会員各社も具体的対策に追われております。一方、あらゆる分野においてAIを導入した技術革新が急速に進められており、自動車についても高速道路向けの自動運転システムが来年あたりに実用化される見通しにあることから、自家用自動車管理事業も次世代型のビジネスモデルを模索することになると思います。当協会といたしましては会員企業が結束して事業環境の変化に対応してまいりますが、当事業に対する社会の需要はますます旺盛であり、半世紀にわたり積み上げた経験と実績は社会の確固たる信頼を得ており、新時代においても誠意をもって責任を果たすことで成長できると確信しております。

 日本自動車運行管理協会は、今後も自家用自動車管理業が健全に発展し、交通社会の安全にも寄与して行くために、運行管理業務の適正化を通じた経営基盤の強化や、運転サービス士の教育の充実と処遇改善等、業界が抱える諸問題の解決と自家用自動車管理業の適正な運営に尽力して参ります。

会 長  大 槻 光 雄

一般社団法人 日本自動車運行管理協会

Copyright © AJVA All Rights Reserved